Flocked Hair

自毛植毛のFUE法のメリットとデメリット

自毛植毛は薄毛治療法としては日本皮膚科学会のガイドラインにあるように、男性型脱毛症治療法をしては効果のある方法と考えられます。そして、現状で行われている薄毛治療法としての自毛植毛は大きく分けてFUE法とFUT法の分けることができます。どちらも方法もメリットとデメリットがありますので、自毛植毛を希望する人はどちらの方法が自分にとって適しているのか自分の条件などを合わせて医師としっかり相談する必要があります。
FUE法は特に新しい自毛植毛方ではなく、比較的古くから実践されてきた方法です。それに比べるとFUT法は新しい技術が使われている方法です。メリットとしてはパンチというFUE法で使用する専用の機器を使って1ミリ程度の小さな穴を開けてから髪の毛をとり、それを薄毛の部分に移植するという方法となるので、FUT法のようにメスを使いませんので、傷口はほとんど目立たないことです。
デメリットとしては、あくまで比較になりますがFUT法と比べて移植した髪の毛の定着率は劣っています。それに、手術一回あたりにFUE法で移植できる髪の毛はそれほど多くありませんので、移植する髪の毛が多い場合には、数回の手術が必要であることです。

自毛植毛で髪の悩みが少なくなる

昔に比べて個性的なファッションやセンスが認められる時代にもなってきましたから、薄毛や禿でもあまり人目が気にならないというような人も増えてきたでしょう。ですが、自分は平気でも家族が嫌がったり、また子供が恥ずかしがることというのもあるものです。ですから他人のことを考えて薄毛や禿の改善をしていこうとする人も多いでしょう。
ですが、AGA治療のように通院したりするのは面倒で、仕事の都合上まめに通うことができないという人もいるものです。ですからそんな人におすすめなのが自毛植毛です。自毛植毛はいったん行ってしまえば、生着した髪がそのまま髪のサイクルを繰り返してくれるので、自然な髪の育成につながっていきます。ですから費用はかかっても、満足いく結果になることが多いでしょう。
また、どれくらいの量を植毛するかは自分で決めることができるので、医師のアドバイスの元で適切な量を決めていくと良いでしょう。今まで人の目を気にしなかった人も、どんどん薄毛や抜け毛が進行していけば気になってくることも多いので、自力で髪を増やせないと判断した時は、自毛植毛に踏み切ってみても良いです。見た目が良くなることで外見的な自信もつくものです。

自毛植毛で移植した髪の毛はどれ位持つ?

自毛植毛は高額な費用がかかるため、移植した髪の毛がどれ位持つのか気になるところです。自毛植毛で採取する髪の毛はAGAによって脱毛し難いと言う性質があります。そのため移植後、AGAによって脱毛すると言うことは少ないです。髪の毛には成長期と退行期と休止期と3つの期間があり、これを毛周期と呼んでいます。休止期に入ると髪の毛はいったん抜け落ちますが、再び成長期に入ると髪の毛が伸びていきます。
移植後の髪の毛もこの毛周期により生え変わりが進みます。ただし移植後の食生活が乱れると脱落する可能性が高まってしまいます。バランスの取れた食生活を送ることが大切です。過度なストレスも髪の毛に良くないため、ストレス発散して下さい。その他にも移植後にショックロスと言う現象で脱落することがあります。ショックロスが起きると、髪の毛の寿命が来たと心配する方が見られます。このショックロスは一時的な脱落であり、4か月から6か月ほどでまた新しい髪の毛が生えてきます。
ショックロスは自毛植毛の場合、普通に見られることなので心配しなくても大丈夫です。自毛植毛を受ける際、クリニックからショックロスについて事前に説明があることが多いです。後で余計な心配ごとを抱えることがないよう、クリニックの説明は良く聞いておいて下さい。分からない点は繰り返し説明して貰うと良いです。

RECENT POSTS

2017年06月19日
頭頂部の自毛植毛は生え際より難しい?を更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛と人工植毛はどっちが良いかを更新しました。
2017年06月19日
痛みの少ない自毛植毛は?を更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛が受けられない人は?を更新しました。

POST LIST